読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫の浮気・不倫を解決して夫婦関係を修復する方法

夫の浮気をやめさせて離婚せずに夫婦円満に戻るにはコツ・正しい対処法があります。

妻が妊娠中に夫の浮気が増えるワケとは? 妊婦が注意すべき3つのポイント

f:id:kenkolife:20160423194642j:plain

 

 

妻が妊娠中に浮気してしまう夫の心理状態と行動とは

 

少し前に国会議員の夫婦で同様の事例があり世間を賑わせ、浮気をした夫は世間から大バッシングされ結局議員辞職することになりました。
ではこれが特殊な例なのでしょうか。
一般世間ではどうなのか。
実は、とても多いのです。

 

具体的なデータはあまりありませんが、心理学者・ロバート・ロドリゲス博士の調査結果では、これから父親になろうとしている夫の10人に1人が妻の妊娠中に浮気をしていることが分かったそうです。
つまり10%の男性が妻が妊娠中に浮気するこということです。

 

女性の立場からするととてもじゃないけれど、信じられないことでしょう。
妊娠・出産というのは大仕事、大袈裟ではなく夫婦、家庭にとっての大事業です。
女性の負担は相当なもので、その妻が大変な最中に夫が浮気をするというのは、”裏切り”以外の何物でもないでしょう。
通常時の浮気も許せないでしょうが、妊娠中の浮気となると妻のショックは何倍にもなります。

 

では何故、妻が妊娠中に夫は浮気をしてしまうのか?
その浮気する夫の理由、心理状態を見ていきたいと思います。
大きな理由は3つあります。

 

●妻がかまってくれなくなる

妊娠が分かる前までは、ラブラブで外出するときにはいつも手を握り、家では日に何度もキスをするなど、とても仲良くしていたのが、妊娠が発覚しだんだんとお腹が大きくなるにつれ、外で手をつなぐことも、キスすることもなくなり、しまいには会話まで少なくなってしまうというケースがあります。

 

女性は妊娠によって体調が大きく変化しますのでこれから母になるという自覚も自然に芽生えますが、男性は何も変化しませんのでこれから父親になるという自覚がなかなか持てません。
そのため、妻の大変さや辛さを共感することができず、妻の気持ちに寄り添うことができないものなのです。
その結果、妻と夫の間にすれ違いが起こり、夫は外に女性を求めるようになるのです。

 

●夜の営みの回数減による欲求不満

いわゆる「セックスレス」。
これは妻側からしたらどうしようもありません。
もちろん、妊婦は性行為を絶対にしてはいけないというものではなく、時期によっては妊娠中でも可能です。
妊娠は初期、中期、後期と分けることができますが、安定期の妊娠中期の5か月位は性行為も問題なくできる場合が多いですが、それ以外の期間は体調の変化が多く性行為ができなくなる女性もいるものです。

 

ですが現実問題、妊婦の肉体的負担はとても多く、その上夜の営みまでする余力がなく、夫から求められても『今日は疲れているから・・・』とか『体調が悪いから』と断ってしまうケースが多くなりがちです。

 

妻側からすれば、悪気があるわけでも、夫が嫌いなわけでもなく、ただ単に体が辛かったり、心身の疲れでそういう気にならないだけなのですが、それが夫にはうまく伝わっておらず、妻から拒絶されたことがショックで、二度と妻を誘わなくなる男性が多いです。
男性はデリケートな生き物なのです。

 

妻との夜の営みがない期間が3か月、6か月と続くとどうしても欲求不満がたまっていくことになります。
多くの男性はいくら欲求不満でも外に女性を作り浮気・不倫することはなく、我慢し自分で処理したりするわけですが、中には妻がしてくれないなら外に女性をつくるという男性もいるわけです。

 

妻からすると、たかが10か月も我慢できないのかと思うでしょうが、我慢できない夫も多くいるというのが現実です。

 

●お腹が大きくなり母になっていく妻に女性を感じなくなる

当然ですが、妊婦はどんどんお腹が大きくなっていきます。
その体型の変化と、妻から母へと変わっていく妻に戸惑い、やがて女を感じなくなる夫がいます。

 

単に外見だけの変化ならまだいいのですが、妊婦は女性ホルモンの影響で、妊娠中は妊娠前とは態度が変わることがあります。
具体的には、常にイライラしたり、体の具合が悪くなったりすることが多い。
妊娠することで妻の外見、内面が変化し、それが不満な夫は家庭の外に安らぎ、つまり他の女性をを求めることがあるのです。

 


他にも、自分が父親になることに強いプレッシャーを感じ妻以外の女性に目が向くというケースもありますし、近年は女性側の恋愛観の変化により不倫に抵抗がない女性が増え女性側から既婚男性を誘うケースが増えていることも挙げられます。

 

妊婦にとってお腹の赤ちゃんが最優先されるのは当たり前で、夫には妊婦の大変さを理解してほしいと思うのは当然ですが、妊娠中に夫が浮気・不倫に走り問題が大きくなり、出産後にすぐに離婚というケースもありますので、妊娠中であっても夫とのコミュニケーションだけは怠らないようにしましょう。