読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫の浮気・不倫を解決して夫婦関係を修復する方法

夫の浮気をやめさせて離婚せずに夫婦円満に戻るにはコツ・正しい対処法があります。

夫の浮気が発覚し離婚したものの後悔している女性

f:id:kenkolife:20160506152745j:plain

 

離婚後に後悔した女性の5つのパターン

信じていた夫に愛人がいた・・・
毎月出張と嘘をつき不倫していた・・・

 

あなたが夫を愛していればいるほど、信じていればいるほど、夫の浮気・不倫という裏切り行為は許せないでしょうし、その結果一時の感情で離婚してしまうケースも数多くあります。


気持ちは分かります。許せない!そう思うのは当然です。
でもカッとなって行動して良いことなど、ほとんどありません。
何故ならカッとなっている状態は、精神状態も脳も異常な状態で、その異常な状態でした行動は後から冷静になると後悔することが多いからです。


もちろん離婚してよかった、離婚して今は幸せという女性もいますが、あの時勢いで離婚なんてしなければよかったと後悔している女性も数多くいるのです。

 

離婚にはメリットもあればデメリットもあります。
夫の浮気が分かったとき感情的になって離婚したものの、離婚後に後悔した女性の5つのパターンをご紹介します。

 

離婚してから経済的に苦しくなった

離婚しシングルマザーになったら経済的に苦しくなったというケースはとても多いです。


子供がいない場合なら、フルタイムで仕事をすることができますし扶養家族がいませんからそれほど問題はありませんが、子供がいてさらに子供が小さいとフルで働くことができず、そうなるとどうしても給料面に影響が出て、結果的に経済的に苦しくなってしまいがちです。


また、芸能人と違い一般の場合は離婚時の慰謝料はそれほど多くありませんし、離婚時に決めた月々の養育費も支払われないケースが多く、どうしても経済的にひっ迫していきます。
離婚時に養育費を払うと言っていた夫も多くの場合だんだんと支払わなくなります。データによると、離婚後に実際養育費を払い続けるのは20%以下と言われています。

 

実家に子連れで戻ることができる、社会的に信用が高い資格などを持っていて安定的な収入が確定している仕事を持っているなど、離婚する場合は、離婚後の生活、つまりお金の問題がクリアできるかどうかをよく見極めることが大切になります。

 

離婚した後に別れた夫がまだ好きで思いを断ち切れない

夫の浮気・不倫という裏切り行為に怒り、絶望し自分から一方的に離婚を言いだし短期間で離婚をしたような場合、いざ感情的になって離婚したものの、時間が経ち冷静になると別れた夫がまだ好きだということに気づき、離婚したことに後悔する場合があります。


確かに離婚後に、お互いが自分の間違いを心から謝罪し、相手を許しあうことで復縁するケースもあります。
しかし、実際は大きなエネルギーを使って離婚しているので、じゃあもう一度やり直そうと簡単に復縁再婚できるものではありません。


また、自分に元夫への気持ち、思いがあったとしても、元夫に気持ちが残っているとは限りません。特に元夫の浮気で離婚した場合は、元夫には浮気・不倫相手がいたわけですから、その女性と深い仲になっている可能性が高いものです。

 

離婚した後に子供が父親を求めるのが辛い

子供から父親を奪ってしまったと後悔する女性が数多くいます。

 

「お父さんはいつ帰ってくるの?」「お父さんに会いたい」

 

子供が幼少だと親が離婚したことを理解できません。
子供からお父さんに会いたいと言われることが辛いという女性は多いものです。

 

離婚は夫と妻、父親と母親の問題で、二人の異性が離れることを意味しますが、子供がいなければ複雑な問題を残さず離婚できるものですが、子供がいると離婚はどちらかの親と離れて暮らすことになるので深刻です。

 

子供がいる場合、離婚によるデメリットは子供に即影響します。
確かに夫婦喧嘩ばかりの中で子育てするより、離婚し穏やかな中で子育てするほうがいいというのは一面は事実でしょう。
ですが、母子家庭になることによるデメリットも確実にあるのも事実です。

 

離婚せずに頑張ればよかった、許せばよかった

離婚後に冷静になってから、「離婚する必要はなかったんじゃないか」「夫の浮気を許していれば離婚することはなかった」「夫が浮気したのは自分にも問題があったんじゃないか」と、離婚という決断自体が間違いだったと自分を責める女性がいます。

 

これは離婚に限りません。
人は大きな決断をした時、自分のその大きな決断を間違っていたんじゃないかと不安になったり後悔したりするものです。
買物など日常生活でもそうです、値段の高い服を買ったときなどに、買った後から後悔したりするものです。

 

離婚後に一人になった時に孤独感を感じ淋しくなる

この傾向は男性より女性に多いものです。
仕事から帰宅し、真っ暗な家に電気を点けたときに誰もいないことに急に孤独感を感じる。
休日に一人ポツンと家にいる自分に気づき急に淋しくなった。

 

結婚していたときは、必ず近くに夫がいたので、ある日を境に一人っきりになると孤独感を感じてしまうのは当然と言えば当然です。
離婚した女性の多くが孤独感や淋しさを感じて離婚を後悔します。